ホームの中の商品情報の中の商品紹介の中の新製品情報

新製品情報

MillLine 直角肩削りカッタ『TungQuad』(タングクアッド)、『TecMill』(テックミル)ラフィングタイプ拡充

タンガロイ

メーカー名株式会社タンガロイ
品番/型式•ボディ
ELD05R020M20.0W02
TLM11R063M25.4-04

全4アイテム
希望小売価格ELD05R020M20.0W02 89,800円 (税込み 94,290円)
TLM11R063M25.4-04 245,000円 (税込み 257,250円)

お問い合わせ
営業推進部
E-mail:info-tool@naito.net

概要『TungQuad』ラフィングタイプは、経済的な4コーナ仕様の小型インサートを用いたカッタである。大きなすくい角のインサート設計により切削抵抗が低く
強ねじれの切れ刃配列でびびりを抑制するため低剛性機械での加工や低剛性ワークの加工で特に効果を発揮する。
また、小型のインサートは切りくずを分割し、内部エアと組み合わせることで最高の信頼性を発揮する。

『TecMill』ラフィングタイプは、4コーナ仕様の強靭な縦インサートを採用した高信頼性カッタである。
また、ボディの芯厚が確保された設計であり、高剛性でびびりに強い。
縦インサートは欠けに強く、溶断面や鍛造肌等の不安定な形状を加工する際に抜群の信頼性を発揮する。

特長•長刃長仕様の荒加工用直角肩削りカッタ
•インサートを多段配置し、工具径に相当する長さの深切込み加工が可能
•インサート配列を最適化することで、びびりを抑制し加工時の安定性を向上
•『TungQuad』ラフィングタイプ: 工具径はø20~ø25mmを設定
2種類のブレーカ、3材種の『TungQuad』用インサートを使用可能
•『TecMill』ラフィングタイプ: 工具径はø50~63 mmを設定
4種類のコーナ半径、3材種の『TecMill』用インサートを使用可能

PDFはコチラ!!(1.4 MB)